最後の返済で発生した端数、プロミスにどうやって返済するの?

最低返済額も千円単位となっており、自分で返済額を考えていくときにも端数を考えることなく千円単位もしくは一万円単位で考えているでしょう。
借りた金額が10万円であったとしても利息が付きますのできっかり10万円を返済すればいいものではありません。
何十何円単位で細かい金額が出てきます。

さて、そうなると返済を千円単位でつつけていれば最後の返済はどのようになるのか気になりませんか?
口座引き落としでもプロミスATMでも提携ATMでも硬貨の取り扱いはなく千円単位となっています。
端数まで含めて返済するとなれば担当者が窓口にいるお客様サービスプラザとなりますが全国どこにでもあるわけではありません。

それではその端数、どうすれはいいのでしょうか。

実は千円未満となる端数が返済の果てに残ったときにはそこには金利が付きませんし支払いの催促もありません。
簡単に言えば放置していてもかまわないこととなります。
これはそうであろうと推測されることではなくプロミスでも公開している内容になります。
もちろん返済額を残しておくのは心配だということもあるでしょうし、せっかくならきれいさっぱりと返済したいという気持ちもわかります。
その時にはプロミスコールに連絡をして利息を含めた残高を教えてもらいネット振り込みなどで返済をしましょう。

ちなみに残った端数は次回借り入れをしたときに加算されることになります。
300円が残っており、次回1万円借りたとなれば1万300円が借入残高になることとなります。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら